お気軽にお電話ください TEL:0265-79-3522 メールはこちらから LinkIcon

心地よく暮らす
木組みの美しい信州の家

四季を通して、太陽の光が家の中のあらゆるところに降り注ぎ、窓を開ければ家の中を心地よい風が通り抜ける。寒い冬の日でも太陽の熱を取り込んで家の中が夜中まで暖かく、夏の暑い日は自然の風を家の中に取り込んで、木陰のように涼しい住まい。
パッシブデザインとは、自然の変化と応答して住まいに取り入れられる自然エネルギーを上手に生かして本質的な心地よさを生み出すための設計手法です。
パッシブデザインの手法は、太陽エネルギーや、風、熱や温度、人が感じる心地よさについての十分な知識がなければ実現できませんが、
「木組みの美しい信州の家」は、
太陽や風、自然エネルギーで心地よさを実現したい。
心地よさと省エネルギーを両立させたい。
自然の恵みと暮らしの豊かさをつなげたい。
このような思いでパッシブデザインを住まいづくりに取り入れています。

北沢建築では、建物全体で太陽エネルギーを取り込み、床暖房や、給湯、換気などに利用するOMソーラーシステムをはじめ、太陽光発電システム、太陽熱+太陽光によるハイブリッド・ソーラーシステムなど「熱」と「空気」をパッシブにデザインし、積極的に活かした快適な温熱環境づくりを提案しています。








OMソーラーの家は、冬、太陽熱をそのまま室内に取り込み、床から家全体を暖めます。太陽の熱で室温のベースをつくるため、付加する暖房量も非常に少なくて済みます。夏の晴れた日の夜は、放射冷却を利用して、少しでも温度の下った外気を空間に取り込みます。


※動画と音声が流れます。音量にご注意ください。


※動画と音声が流れます。音量にご注意ください。

風通しは心地よい暮らしをつくる基本です。その場所に吹く季節の風を知り、家全体の空気の流れをつくったり、部屋の隅々まで風が渡ってゆく外気を取り込む「風の道」を考えます。そしてもうひとつのパッシブデザインが「太陽の道」です。季節によって異なる太陽の高さを考慮して、太陽の光を暮らしの場所や時間に合わせて、上手に取り込んだり、季節によっては日射遮蔽によって熱や光を遮る。これも心地よさを高めるパッシブデザインのひとつです。




長野県の気象特性
長野県は海岸から遠く離れた内陸に位置していることから、全県的に内陸特有の気候が明瞭となっています。
一日のうちで最も高い気温と、最も低い気温との差(日較差といいます)、一年のうちで最も高い月の平均気温と、最も低い月の平均気温との差(年較差といいます)が海岸地方に比べて大きく、湿度が低いことがあげられます。また、一年に降る降水量も少なく雨の少ない地域となっています。
長野県は、冬に積もる雪の深さに気候の違いがはっきりと現れます。北部は季節風の影響で雪の日が多く、中部や南部の平地は季節風が山脈を越えてくるため、空気が乾燥し、晴れの日が続くことです。(季節風:季節によって特有な風向を持つ風です。)
平地といわれている地域の多くが盆地のため、盆地特有の気候が現れます。盆地は夜間に低温となるため、昼と夜の気温の差が大きくなります。