お気軽にお電話ください TEL:0265-79-3522 メールはこちらから LinkIcon

心地よく暮らす
木組みの美しい信州の家

 

私たちが家づくりをお手伝いさせていただいている、天竜川上流の伊那谷、諏訪湖畔、松本安曇平、日本アルプスの麓である信州には、詩情あふれる豊かな自然があります。そして信州の気候風土は豊かな森を育てました。私たちはこの風土の恵みである信州の良質な木材を使い、地域の住まいづくりに用いられる素材を使い、先人達の知恵に学びながら、地域風土を知り、材を知り、木組みがわかる匠の技術でこの地ならではの住まいづくりを続けています。
地域の森の木を使った住まいづくりは、地域の森林を育て、生命のもとの水を涵養し、空気を浄化し、生き物を育むこと、つまり私たちの住む地域の風景や環境を守ることにつながります。

住まいの形は、敷地の形状や周囲の環境をはじめ、気候風土や家族構成、ライフスタイル、さらに建築にかかわる法規など、条件によってさまざまです。
その土地の気候を読み、季節によって変わる風や光の特徴を知り、外からの視線や、中からの視線、そのつながりや、太陽の温かさや明るさを取り込む工夫などなど・・・。
敷地全体で考え、家の中と外とのつながり、空間と空間のつながり、家族のつながりを十分配慮して、簡素でありながらも質実を伴う、その家やその家族に合った暮らしの余白をも包み込んだ「心地良い居心地」をつくりだすこと。これが「シンプルで美しい」住まいの設計であると私たちは考えます。

日本の家づくりは、その地域の気候風土と、地域の匠の技術によって支えられてきました。
私たちもこれに習い、地域の気候風土と暮らし方を知り、地域固有の建物の特徴や素材の使い方を熟知した匠の手技にこだわります。
木組みでも木の使い方や、扱う技術によって、強さや美しさに差が出ます。屋根の葺き方、左官の仕上げ、建具、石の敷き方一つ一つに至るまで深い知識と熟練を要するからこそ「匠」と呼ばれるのです。良い住まいは、地域の気候の中で生まれた材と、地域で住まいづくりを手掛けてきた本物の職人である「匠」によってつくられるのだと思います。
北沢建築では、大工はもとより、左官、建具師、畳師、板金に至るまで、すべてに確かな腕をそろえた「匠」達を束ねて、良い住まいづくりに向き合います。社員大工の育成から始まり、大工技術の修練、住まいづくりのための地域の「匠」であり続けること、すべてはそこに集約されます。私たちは、地域の知恵と技術を継承し、住まいを丈夫につくり、丁寧に仕上げ、地域の中で、愛着を持って住み続けられる住まいをおとどけします。

 

北沢建築では、良い住まいの品質をしっかり確保するために、社員大工をはじめ、協力業者の技術評価を正しく評価して、技術を研鑽する、「社員技術評価制度」を導入しています。
構造体をしっかりつくり、丁寧に仕上げて、良い住まいをつくるためには、高い技術力の維持が不可欠であると考えるからです。そのうえで私たちは現場での施工管理を重視しています。住まい手との入念な打ち合わせを経て設計図を書き上げていますが、図面通りにつくればよいというわけでは決してありません。ものづくりの最終的な仕事場はあくまでも現場であり、そこには図面上では見えなかったものがたくさん見えてきます。それらを現場で対応するのが「現場管理」です。よりよい住まいをつくる、という信念のもと、設計者もまた現場に足を運び、職人とお客様の対話の中でより満足度の高い家づくりをすすめています。